2013_09
14
(Sat)02:05

こんなのがあった! 地域別 岐阜の名産品~東濃編~No,2

( 」゚Д゚)」<この前の黄金伝説でのローラのやつ、3週もひっぱりましたね! SPにしてまでやる内容かぁ~?


( ノ゚Д゚)こんばんわ。




さて、前回の続きです。


☆lからすみl

人気度:★★★☆☆  知名度:★☆☆☆☆

インパクト:★★★★☆  オススメ:★★★☆☆


【紹介】・・・・ここで言う『からすみ』とは、ボラの卵巣を塩漬にした珍味のことではなく、昔からこの地方(中津川市周辺)に伝わるお菓子の『からすみ』です。
からすみと聞くと、一般的には珍味の方を思い浮かべますが、この地方(中津川市周辺)ではからすみと聞くと、お菓子の『からすみ』を連想する人の方が多いようです。

今でも中津川市周辺では、自宅で作った『からすみ』を近所や親戚に分けあう習慣も残っているなど、地元で愛され続けている伝統菓子です。


>>知名度が目に見えて低い! それもそうかと思いましたw
かたちは富士山のような山型をしており、食べるときは好みの幅に切って食べます。
食感は、もちっとした食感と程よい硬さ、弾力があります。日にちが経つと硬くなってきますが、電子レンジで温めるなどすればまた元の硬さに戻ります^^

【味のバリエーション】

味のバリエーションは、お店や家庭によっても異なりますが、一般的には、黒砂糖、くるみ、よもぎ、ごま、などがあります。
原材料は主に米粉や上白糖などで、そこに黒砂糖やくるみなどを加え、蒸すことで様々な味のからすみが出来上がります。

【珍味『からすみ』との関係】

珍味の『からすみ』と、この地方に伝わる『からすみ』は同じ名前をしてますね。
はたしてこれは偶然でしょうか?

答えはノーです、偶然ではありません。実は、この地方に伝わるお菓子の『からすみ』の語源は、珍味の『からすみ』から来ているのです。

岐阜県は海から遠い内陸部に位置しており、庶民にとって珍味の『からすみ』は、高級でなかなか手の届かないものでした。

そこで、せめて『からすみ』に似たものを供え、子どもの成長と健康を願おうとしたことが始まりで、桃の節句のお供え物として珍味の『からすみ』に似せたお菓子がつくられるようになりました。人々はこのお菓子を珍味と同じ『からすみ』と名付けました。
これが中津川市周辺に伝わるお菓子の『からすみ』の始まりです。


>>岐阜県に来たら是非買って行っていただきたいお土産ですw 中津川市周辺だけみたいですが、まぁNET通販なら関係ないでしょうw その地で買ってっていうのも旅の楽しみでもありますが、中津川市にすごい有名な観光地が・・・あったかな?;; てな感じなので興味がわいた方は是非NETでw


☆l朴葉ずしl

人気度:★★★☆☆  知名度:★★★☆☆

インパクト:★★★★☆  オススメ:★★★★☆


【紹介】・・・・朴葉ずしとは、朴の棄に竹の子、鮭の切り身、椎茸、紅ショウガなどをのせた寿司飯を包んだ美濃地方~木曽地方にかけての郷土料理です。俗に言う『ちらし寿司』を想像していただければ、イメージが湧くかと思います。地域によって、ご飯の中に具を混ぜ込む「混ぜ型」と、ご飯の上に具を乗せる「乗せ型」があります。

加えて香りもよく、朴の葉には殺菌作用や防カビ作用があり、手も汚さずに食べられますw


>>ちなみにうちの方は『乗せ型』w


☆lへぼ(蜂の子)料理l

人気度:★★☆☆☆  知名度:★☆☆☆☆

インパクト:★★★★☆  オススメ:★★★☆☆


【紹介】・・・・蜂を食べる習慣のある地域は全国にいくつもありますが、この岐阜県にも蜂を食べる文化が存在します。
その地域とは岐阜県東濃地方です。この地域にはへぼ料理という郷土料理があります。
『へぼ(蜂の子)』とはクロスズメバチのことで、地中の中に巣をつくる体長2cmほどの蜂です。この『へぼ』にはタンパク質が豊富に含まれており、特に海から遠いこの地域では魚に代わる貴重なタンパク源として親しまれてきました。

ごはんにへぼ(蜂の子)を炊き込んだり、佃煮にしたりして食べるほか、へぼ(蜂の子)の缶詰や、サプリメント、この地方伝統の五平餅とへぼを組み合わせた『へぼ五平』の販売などもされています。


>>これは珍味ですね。とあるところでは巣ごと売られています。ちなみに・・・蜂の子は生きています;;

お年寄りにもなるとそのまま食べることもあったり、なかったり・・・。

朴葉ずしの具としても使われますが、好んで食べる人は少ないです・・・^^;



☆lチコリl

チコリとは確かこの前『世界行ってみたら本当はこんなトコだった』でやっていたんですが、フランスだか海外の野菜だそうです。

見た目は小さい白菜みたいな感じで葉の部分は黄色っぽいです。

中津川市が密かに推している野菜?であるが、地元の人はあまり知らない;;

なのにCMで宣伝したり、とあるところには『チコリ村』という場所もある。

村と行っても大型の道の駅的なもので、中ではチコリ料理などが食べられたり、

実物のチコリが売られていたり。


他にもアジメコショウというトウガラシを推していたりしますが、知名度は低く地味。

昔近所の公民館に芸能人夫婦が来て、カレーとアジメコショウを組み合わせたものを振舞っていて

食べたことがあるんですが・・・はっきり言ってレトルトの方がうまいです;;

カレーのスパイシーさや旨みは特になく+とても邪魔な痛みを感じるアジメコショウが入っていました。

水と油のような感じ・・・。



>>これで東濃編は終わりですw  次回からは『中濃編』になります<(_ _)> 


でわまたそのうち( ´・ω・`)ノ~バイバイ

スポンサーサイト
2013_09
08
(Sun)15:14

こんなのがあった! 地域別 岐阜の名産品~東濃編~No,1

( 」゚Д゚)」<MADE IN P.R.C=MADE IN CHINA(中国)です。


(*^・ェ・)ノ コンチャ♪



遂に来ましたw 【東濃編!!】 

飛騨とは違って食に溢れてるんじゃないかなーと思うので、

観光名所は少なくても負けないところが必ずあるはず!



☆l栗きんとんl

人気度:★★★★★  知名度:★★★★★

インパクト:★★★★☆  オススメ:★★★★★


【紹介】・・・・栗きんとんは栗を使った高級和菓子で、岐阜県東濃地方の代表的な銘菓です。栗を炊きあげてすり潰し、砂糖を加えて茶巾しぼりなどで栗の形にしぼったもので、ほくほくとした食感にほどよい甘みがあります。
価格は、お店によっても異なりますが、だいたい1ヶ200円前後で売られています。
中津川市や恵那市には東濃地方の中でも特に和菓子屋が多く、秋になると、全国からたくさんの和菓子ファンの方々が栗きんとんを買い求めに訪れます。

>>これはもうベタ中のベタ! 言ったら古い! この栗きんとんはおせちのモノとは別物ですw

>>年々値段が上がり正直味は変わらないと思います。値段が高い=素材がイイモノというよりは、値段が高い=栗の値段が上がったから。って感じだと思いますね。


【りんめろんオススメ~東濃編~】

☆『栗粉餅(くりこもち)』

【紹介】・・・・栗粉餅は100%国産の栗を使用しています。大桑産をはじめ、甘みと風味にすぐれた国産の栗を厳選。そのため秋季の期間限定の販売となっている。
 柔らかな餅を優しく包み込む「栗粉」は栗のうまみを最大限に引き出すべく、職人が念入りに裏ごし。

【なめらかな口当たりと栗の風味をお楽しみいただけますw】

>>栗きんとんよりも値段は上。高級和菓子!! でも、その値段に見合う美味しさと栗の濃厚さとなめらかさがあり、オススメの一品!!!


☆l栗菓子l

人気度:★★★★☆  知名度:★★★☆☆

インパクト:★★★☆☆  オススメ:★★★★☆


【紹介】・・・・栗の産地である中津川市や恵那市では、栗きんとんの他にも栗を使った様々な種類の和菓子がつくられています。栗ようかん、栗どら焼き、栗と大福のコラボレーション・栗大福などお店によっても様々な個性あふれる栗菓子が登場しています。
栗きんとん同様とても人気が高く、この地方のお土産にもオススメです。


【りんめろんオススメ~東濃編~】

☆『栗蒸し羊羹』

【紹介】・・・・栗の実がゴロゴロ入っており、普通の羊羹とは違いその名の通り蒸して作っている。

【ワンポイント】・・・・美味しい物は水分が少なくホントに蒸してあるが、蒸し羊羹と言いつつ普通の羊羹と同じ栗蒸し羊羹もあるので注意! 水分があると羊羹と同じ色が、抜けていると白がかっていると言うかツヤはない。
ツヤがない蒸されてちゃんと作られているものは、上手さ格別!!  オススメです^^


☆栗菓子~栗柿~

【紹介】・・・・またも高級和菓子。(栗使うと大体高くなる;;) 干し柿の中に栗きんとんが入っている。
一度『ケンミンSHOW】でも紹介され知名度が上がった。
個人的にですが、干し柿が嫌いです!


☆栗菓子・・・・名前は分からないんですが、最近は夏の暑さに対抗して水ようかんの中が餡子じゃなくて『栗きんとん』のものもありますw とても美味しくこれもオススメw


☆l五平餅l

人気度:★★★★★  知名度:★★★★☆

インパクト:★★★★☆  オススメ:★★★★☆


【紹介】・・・・五平餅とは、木曽・伊那地方から岐阜、三河の辺りに伝わる郷土料理です。この地方では古くから珍重されています。木の棒に潰したのうるち米を串焼きにしたもので、地域によって団子型やわらじ型など形が異なり、タレも味噌味や醤油味などの違いがあります。中央自動車道のほぼすべてのサービスエリアでも味わうことができます。

>>個人的には『わらじ型』がオススメ!!  団子型は食べやすさ重視なので、女性向けかな。わらじ型は平たい分モチモチしててウマいw
食べるなら『わらじ』ですヾ(*´∀`*)ノ

「団子型」が多くみられる地域は、中津川市です。西は蛭川から落合、福岡、坂下、川上ときて、北は付知まで。これらの地域は、団子型が多くみられます。

一方の「わらじ型」は、恵那市に多くみられます。岩村、山岡、明智、串原、上矢作といったところはわらじ型が基本です。中津川市でも、阿木や加子母には、わらじ型が多くみられます。
また、恵那市南部などでは、団子型にもわらじ型にも属さない形の五平餅が存在しています。
タレは、団子型には醤油系が、わらじ型には味噌系が多くみられるようです。



>>今回はあまり紹介できませんでしたΣ( ̄□ ̄;)

でわまたそのうち( ´・ω・`)ノ~バイバイ
2013_09
01
(Sun)02:58

こんなのがあった! 地域別 岐阜の名産品 No,2

( 」゚Д゚)」<白ネギを見て「かじりたい」って思ってた自分がいました。 ネギ大好き病(*´∀`*)♪


(。・ω・)ノ゙ コンバンゎ♪


さて、今回は前回の飛騨のお土産の続きの記事になります。



第1弾【飛騨地域の名産品②】

(※)ぎふ県お土産マップより。


☆l高山ラーメンl

人気度;★★★★☆  知名度;★★★☆☆

インパクト:★★★☆☆  オススメ:★★★☆☆


【紹介】・・・・飛騨高山のご当地ラーメン。地元では、ラーメンと呼ばず「中華そば」と呼ぶのが一般的です。
飛騨高山の高山ラーメン(中華そば)は、基本的には醤油味です(最近では色々な味も登場しています)。脂分が少なく、鶏がらに節物を加えた和風ベースで、スープとタレが一体化されており、他のご当地ラーメンと比べると、かなり特徴的なスープです。

>>インパクトとオススメが★3なのは、普通と言うこと!?



☆l飛騨の赤かぶl

人気度:★★★★☆  知名度:★★★☆☆

インパクト:★★☆☆☆  オススメ:★★★☆☆


【紹介】・・・・飛騨の赤かぶは、紫色した八賀かぶから分離された品種で、飛騨地方の伝統野菜です。地元ならではの食べ方として、漬物を焼いて食べる方法があります。玉子と漬物をステーキ風に鉄板で焼き、「漬物ステーキ」という名で親しまれています。

>>”飛騨の”は知らなかったなぁ。 赤かぶなんてどこにでもあるイメージw



☆l下呂温泉グッズl

人気度:★★★★☆  知名度:★★★☆☆

インパクト:★★★☆☆  オススメ:★★★☆☆


【紹介】・・・・下呂温泉は、有馬温泉、草津温泉とともに「日本三名泉」の一つに称されています。
大きさは県内最大級で、70軒ほどのホテル、旅館、保養施設などからなる温泉街です。年間140万人の観光・宿泊客が訪れる人気の温泉スポットで、近年は温泉ブームの到来により、若い人の姿も多く見られます。
泉質はアルカリ性単純温泉で、リウマチ性疾患、運動機能障害、神経症、神経麻痺、病後回復、疲労回復など、美容や健康づ<りにも優れた効果があるとされています。


【下呂温泉グッズは何があるの?】

下呂温泉にあるお土産には、温泉グッズや温泉タマゴとかけたお菓子、下呂温泉特産のトマトジュース・・・といった様々なお土産があります。
ご当地キティの下呂温泉バージョンなどもある。

>>何かTVでプリンだかアイスに温泉卵入れて食べてたのを見たよーな、見間違いなよーな・・・。



☆l飛騨の地酒l

人気度:★★★☆☆  知名度:★★★☆☆

インパクト:★★★☆☆  オススメ:★★★☆☆


【紹介】・・・・標高3000メートル級の山々に囲まれた飛騨地方は、冷涼な気候、清らかな水、良質な米などの恵まれた条件のもとで酒造りが行われています。
飛騨地方で全13軒ある酒蔵(天領酒造、高木酒造、川尻酒造、原田酒造、平田酒造、船坂酒造、二木酒造、 田邊酒造、老田酒造、平瀬酒造、渡辺酒造、蒲酒造、大坪酒造)では、それぞれの銘柄でこだわりの酒がつくられています。

>>お米ができればそこにお酒はある!なイメージ。 全部★3ってことは、さして特徴がないととるか、安心、安定の味がある!と思うかは自由。



☆l飛騨駄菓子l

人気度:★★★★☆  知名度:★★★☆☆

インパクト:★★★☆☆  オススメ:★★★★☆☆


【紹介】・・・・飛騨の駄菓子には『こくせん』や『げんこつ』、『甘々棒(からかんぼう)』などがあります。機械製造が盛んになった今でも手作りでしかだせない味や食感にこだわり、昔ながらの手法で作っている駄菓子屋さんも多くあります。

>>田舎のお菓子を味わってみてくださいヾ(*´∀`*)ノ 

>>でも別に毎日こういうの食べてるわけじゃないと思うけどw



【次回予告(?)】・・・遂に次回!、自分の住んでる地域【東濃編がスタート!!】。

有名なものから個人的におすすめなものまで書いていこうと思っています(*´д`*)

あ、よく見たら全部食べ物だ(ノ∀`)

あとは、地元の人もあまり知らない野菜なども・・・。


でわまたそのうち( ´・ω・`)ノ~バイバイ 
2013_08
27
(Tue)01:24

こんなのがあった! 地域別 岐阜の名産品 No,1

( 」゚Д゚)」<探り探りで書きます。何かあっても優しい目で見てくださいお願いしますw


( ノ゚Д゚)こんばんわ



第1弾【飛騨地域の名産品①】

(※)ぎふ県お土産マップより。

☆lさるぼぼl

人気度:★★★★★  知名度:★★★★☆

インパクト:★★★★★  オススメ度:★★★★★


【紹介】さるぼぼは飛騨地方に古くから伝わる人形です。飛騨弁では、赤ちゃんのことを「ぼぼ」と言うことから、猿とぼぼをかけて「さるぼぼ」と名付けられました。そのことから、子宝・安産のお守りとしての効果があるとされています。 今では地元はもちろん、観光客にも人気のお土産となっています。


種類によって効果は様々

≪主な色とその効果≫

)・・・勝負運UP   (オレンジ)・・・仕事運UP   (ピンク)・・・恋愛運UP

)・・・金運UP   ()・・・健康運UP   ()・・・学業運UP   ()・・・長寿運UP


飛騨高山だけに存在する『幻のさるぼぼ』?

飛騨高山には普通のお土産屋さんでは決してお目にかかることができない『幻のさるぼぼ』が存在しているとか。

その正体は・・・・、

『ファミリーマート限定さるぼぼ』=通称『ファミぼぼ』。
こちらのさるぼぼは、飛騨高山のファミリーマートでしか手に入れることのできないとってもレアなさるぼぼです。飛騨高山に行った時には要チェック!

>>↑のさるぼぼの色は『白』と『』と『』 健康運と学業運がUPするんですかねw(o´艸`) こりゃお得だ♪



☆l飛騨牛l

人気度:★★★★★  知名度:★★★★☆

インパクト:★★★★☆  オススメ度:★★★★☆


【紹介】・・・飛騨の味の代表といえば飛騨牛。霜降りが多く、薄いピンク色をしています。筋肉繊維が細い為、肉質が柔らかいのが特徴です。


O飛騨牛は他にも、せんべいやチップス、レトルトなどもありお手軽な値段で味わうことができますw



☆l朴葉味噌(ほおばみそ)l

人気度:★★★★☆  知名度:★★★☆☆

インパクト:★★★★☆  オススメ度★★★★☆


【紹介】・・・・朴葉味噌は飛騨高山地方で古くから親しまれてきた焼き味噌です。
朴葉の葉の上に飛騨味噌をのせ、その上に削り節、ネギ、椎茸の細切りなどをのせて一緒に焼きながら食べる郷土料理です。 最近では飛騨牛をのせて食べるのが流行っているとか。
朴葉の上で焼く味噌の香りがよりいっそう食欲をそそります。

>>食べたこと・・・ないんですよね~(´・ω・`)ショボーン
いつか食べてみたい!ヾ(*´∀`*)ノ

>>ピックアップ、賞品が紹介されているものを見ると朴葉の葉5枚が→¥210円;;
おばあちゃん家では葉っぱを取ってそれをお店やってる人に売りますが・・・1枚2桁なんか行きませんよ!?
もちっと上げて欲しいよ~・・・(´Д`)



☆l一位一刀彫(いちいいっとうほり)l

人気度:★★★☆☆  知名度:★★★☆☆

インパクト:★★★★★  オススメ度:★★★☆☆


【紹介】・・・・飛騨地方の伝統工芸品である一位一刀彫は、19世紀の初め、松田亮長が飛騨の象徴であるイチイ(一位)の木を用い、彩色を施さない独自の技法を完成させたことが始まりとされています。

作製には細部までこだわり、30種類以上のノミを使い分けて彫られます。繊細でかつダイナミックな技巧は、現代にも受け継がれています。


【人気は置き物、お土産には根付も!】

一位一刀彫の作品は置き物、面、根付などが中心で、主に動物や仏像が描かれます。置き物はやはり人気ですが、お土産としては根付も人気が高いです。

>>置物が人気・・・。商品紹介のところにあった六寸は一体価格なのか二体なのか不明ですが、¥84000円表記ですよ;; 人気度とオススメ度が低いのがよく分かるなぁ~。



☆l飛騨春慶(ひだしゅんけい)l

人気度:★★★☆☆  知名度:★★★☆☆

インパクト:★★★☆☆  オススメ度:★★★★☆


【紹介】・・・・およそ400年前からの長い歴史を持つ飛騨春慶は、飛騨の山々から産出される良材と、飛騨の匠と呼ばれた職人たちの優れた技から生まれた工芸品です。天然の木目の美しさをそのまま活かした漆器で、淡黄金色を放つ透明感のある塗りが特徴です。

軽く丈夫で年月と共に木肌や木目の色艶が増すのも魅力です。


>>商品紹介のところでは、安いもので箸の¥1000円ちょっと。

あとは¥4000円~¥15000円くらいとピンからキリまで色々。

オススメ度が4なのにイマイチ欲しい気にさせてくれないなぁw




O今日はここまでですw  次回飛騨地域名産品②を記事にします。お楽しみに?w

でわまたそのうち( ´・ω・`)ノ~バイバイ




  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。